岡山を中心に、中小企業を支える総合コンサルティング事務所。

コンサルティングのご相談は086-225-3635

お知らせ・セミナー情報

【生産拠点を持たない海外展開】ライセンス(技術援助)契約・生産委託契約締結支援

近年、アセアン諸国において経済自由化や統合に向けての取り組みが加速され、6億人規模の旺盛な消費成長力が見込まれています。
従って、自動車産業や家電産業などのアセアン生産拠点の位置付けは高く、部品メーカーなどの集積状況を勘案すると、中小製造企業も海外進出を検討せざるを得なくなっています。
しかし、経営資源に限りがある中小企業にとって直接投資による海外展開はリスクが大きく、海外からの撤退も見られます。
そこで注目されるのが、海外企業に技術供与を行なったり、生産委託することで実質的な海外展開を実現する「生産拠点を持たない海外展開」戦略です。
海外に自ら生産拠点を設けるのではない為、直接投資と比べて投資負担が少なく、海外進出開始時の重要な選択肢ではないかと考えます。
アルマではアセアン地場企業とのライセンス(技術援助)契約書または生産委託契約書のドラフト作成のお手伝いを致します。

<対象>
アセアンの地場企業とのライセンス生産(技術援助)または生産委託を考えているモノづくりの中小企業様

<支援内容>
・契約条件のヒアリングとアドバイス

・契約書(和文)作成と留意点説明

・契約書(英文)ドラフト作成

【担当】弊社所属海外ビジネスアドバイザー 岡本幸男
家電メーカーにて34年間、海外工場駐在(ブラジル、シンガポール、米国・メキシコ:通算9年間)国際業務(技術援助契約締結など)、海外営業に携わって退職後、中小企業の海外展開・国際化を支援。
また公的支援機関の海外販路開拓支援の専門家としてシンガポール、タイ、ミャンマー、ベトナムでの中小企業のFS(事業可能性調査)の現地調査実施を支援。

【契約書(和文・英文)作成支援料金】
企業様からの無料相談に対応の上、決定します。

『生産拠点を持たない海外展開』のチラシはこちらからダウンロドいただけます。

お問合せは、こちらからお願い致します。

HOMEに戻る