岡山を中心に、中小企業を支える総合コンサルティング事務所。

コンサルティングのご相談は086-225-3635

新規創業

創業支援(コンサル期間6ヶ月)

相談内容

飲食店が好きで自分でも店舗を持ちたいと思っていましたが、居酒屋を開店することになりました。1年後には2店舗目を出店し、多店舗化構想に向け取り組んでいます。

弊社の対応

1. 事業計画の策定支援

高校を卒業してから飲食店スタッフとして経験が豊富にあるので、新規出店した場合のメニュー構成や、顧客PR、スタッフ教育等をマニュアルとしてまとめていきました。同時に、それを数値計画で具体化させ、損益計画・資金計画を作成していきました。

2. 立地の選定

店舗は郊外型店を探していましたが、適当と思える物件には市場調査を行い、売上計画が達成できる立地かどうかをシビアに検討を重ねました。
良い居ぬき物件がありそこに決定しましたが、改装費用が予算オーバーになり、新たな資金調達方法を検討することになり、リース等で対応し損益計画を再度作成しました。

3. 補助金活用

新規創業支援の補助金を調査し、該当する場合は申請することとし、失業者雇用等での給付をうけることができました。
オープン後の店舗は順調に推移することができ、2店舗目を出店することとなりました。

創業支援(コンサル期間6ヶ月)

相談内容

主婦の傍ら保険のセールをやっていましたが、占いに興味があり資格を取得したことで、占い師で独立したいと考えていました。

弊社の対応

1. 事業計画の作成

占い師で独立する場合の事業計画を作成しました。一番のネックになるのが、知名度と集客とフィーの問題であることがわかりましたが、リスクが少なく少額からスタートできるため、実施することになりました。

2. 事業計画のやり直し

しかし、占い師ではなかなか集客できないことを体験し、現在の状況、顧客のニーズや自分の強み・弱みを再度見直すことで、集客しやすいテーマを探しまだしました。
現在は、あまり誰もが実施していない筆跡指導を中心にセミナーを多数開催することができています。

創業支援(コンサル期間8ヶ月)

相談内容

紳士服店で修行を積んでいたスタッフが独立し、自分で店舗を開店することになりました。
業界での経験があり、自分の顧客も多数いたため、資金調達支援を目的に事業計画の策定を行いました。

弊社の対応

1. 事業計画の策定支援

紳士服店で10数年の経験があり独立するため、独立後の事業は展開しやすいと思われ、資金を調達するための事業計画作成を支援しました。創業資金は公的金融機関が主となるため、融資担当を納得させることができるように、詳細なものを作成することにしました。店舗コンセプト、品揃え、価格、仕入先等を具体名を明記し、客単価と買上げ客数と日々の売上予定等も作成し、融資担当者の理解を得ることができ、資金調達ができました。

2. 物件探し

物件は良い物件がでるかどうか、運もあるため、なるべく妥協することなく、不動産情報を収集し、時間をかけ検討することにしました。

3. 店舗ができるまでの支援

そのため、物件が決まるまでの資金をつなぐため、無店舗で知り合いに販売することを続けました。その甲斐もあり、納得できる物件が出てきたときに即座に契約し、出店することができました。