岡山を中心に、中小企業を支える総合コンサルティング事務所。

コンサルティングのご相談は086-225-3635

新分野への進出

自社農園の果実と野菜を活用した6次産業総合化事業計画書作成 (観光農園 従業員数約10名 コンサル期間4ヶ月)

相談内容

ここ数年売上が横ばいの状態です。後継者候補の育成も兼ねて今後の事業計画を作成したいと考えました。

弊社の対応

六次産業化法に基づく事業計画の認定が開始されていました。認定によるメリットが大きいため申請も視野にいれた計画作成を行いました。

1. ヒアリング、調査

最初に顧客ヒアリングを行い、自社の現状や特徴、今後どのようなことを考えているか、等を聞きました。
また六次産業化法に基づく事業計画書、六次産業化を行っているところの調査を行いました。

2. 自社の分析

ヒアリングをもとに自社の分析を行いました。今後対応していく課題を以下のものに絞り込みました。
・秋以外の春、夏、冬季節の来園客の増加
・その際に販売につながる商品開発と仕組み
・新商品の来園客以外への販路開拓

3. 新事業の構想

自社農園の果実と野菜を活用した夢のある新事業について話し合いました。
その後、市場性、将来性、実現性、競争力等を検討しました。

4. アクションプラン

新事業についての詳細を話し合いました。
5年間の計画とし、新商品の詳細、営業方法、販売計画、利益計画、実施スケジュール、などをつめていきました。

5. 事業計画の作成

六次産業化法に基づく総合化事業計画の申請が可能なようにフォーマットを合わせて計画書を作成しました。

新分野進出(機械器具製造業 従業員約200名・コンサル期間18ヶ月)

相談内容

現状は下請け型企業であるが、売上高の30%程度の自社商品を開発販売したい。開発から販売、サービス体制の確立支援をして欲しいと。

弊社の対応

1. 啓蒙活動

下請け型で親会社の指示通りの製品製作と異なり、自社製品を持つことは「設計」、「コストダウン」、「製品保証」、「配送」、「アフター」すべてに責任を持つことの自覚を促した。

2. ものつくり教育の実施

新製品開発プロジェクトのメンバーに対する「品質管理教育」、「ものつくり教育」を行い、新製品開発のベースつくりを行った。

3. 新商品開発プロジェクトの推進支援

開発テーマは予め決まっていたので、「詳細スケジュール」、「役割分担」を決定するとともに「デザインレビュー」の日程、内容を確定して2回/月のプロジェクト指導を行った。

4. 運送、アフターサービス体制の確立

製品が完成した時点でトラック積み込み時の落下試験、トラック輸送による劣化試験を行い、補用部品の手配も行い。当初数ヶ月の地域限定販売を経て本格販売に至った。

建設業から養殖業への進出支援(土木測量 従業員約30名・コンサル期間4ヶ月)

相談内容

本業の土木測量は公共工事等の減少により業務量が落ち込む中、新分野進出を模索していました。
当社が開発していた水質浄化システムを活用した養殖業者への進出です。
まず、経営革新法による経営革新計画の認定支援を行いました。
そして、補助金等が期待できる6次産業化計画の認定を支援しました。

弊社の対応

1. 経営革新支援

土木測量から養殖業への進出ということで、新規性が高いため、経営革新の認定を受けることになりました。
このことで、自社ビル1階に水槽を整備し、試験的に養殖を始めることができました。
試験魚では、関係者を集めて試食会を関係者を実施しました。
そして評価が高かったこともあり、その後、自社敷地において実験水槽を拡張を図りました。

2. 6次産業化支援

6次産業化法の制定に伴い、その認定を目指すことになりました。
試験養殖に成功し、さらに規模拡大を図り商業ベースにのせる必要がでてきたためです。
6次産業化に認定され、養殖池の規模拡大を図るとともに、自社での加工販売に向け現在取り組んでいます。