岡山を中心に、中小企業を支える総合コンサルティング事務所。

コンサルティングのご相談は086-225-3635

人材の採用と育成

幹部人材育成支援(工事業 約120名・コンサル期間14ヶ月)

相談内容

当社は40年前現社長が創業した工事業ですが、規模が拡大しても幹部社員研修まで手が回らず、幹部のリーダーシップ、部下指導力、顧客提案力など不足していることが分かりました。
その中で真に実力がつく「実践的な幹部社員研修」の要望がありました。

弊社の対応

1. 現状把握

コンサルタントのリードのもと、社長、専務の考える「あるべき幹部の人物像」を明確にして、そこで必要な「スキル」を確定しました。
その上で幹部一人一人の能力について、「必要スキル」ごとの評価を行い、どのようなレベルにあるかを明確にしました。

2. 幹部社員の研修メニューつくり

社長、専務、コンサルタント3人で上記現状把握をもとに優先順位を考えて「研修テーマ」を確定して、1年間の研修計画を作りました。
テーマ的には「幹部としての意識と行動」、「自己および部下の育成」、「顧客満足度向上」、「コストダウン」を設定しました。
なお経営トップが研修メニューつくりに参画したため、その後のトップによる研修フォローは順調に行うことができました。

3. 幹部社員研修の実施

上記テーマを概ね3ヶ月を単位として「講義」、「グループ討議」、「職場実践テーマ設定」、「実践テーマの職場実践」、「実践結果の報告」、「報告に対するコンサルタントの指導」を繰り返し実施しました。研修日は隔週土曜日の午後でした。

4. 研修結果の標準化

研修の結果社内の標準としておくべき事項については、別途社内規定、社内標準として整備し、仕事の効率化を図りました。

コーチングによる幹部社員育成(30名・コンサル期間12ヶ月)

相談内容

ある社長が若手社員を経営幹部に登用したいと考えていましたが、まだ経験が浅いため、業務に関してコーチングを行いました。

弊社の対応

1. 自己分析と成長目標の設定

先ず、自分がどういうタイプの人間であり、上司や部下とのコミュニケーションでどのような点に気をつければ良いのかを理解します。
そして、1年後、3ヶ月後の自己成長目標を設定しました。

2. コーチングによる定期的フォロー

毎月2回電話によりコーチングを実施します。
最初は、3ヶ月目標に対する具体的行動計画を作成し、その進捗管理を行います。
多くの場合、なかなか到達できないことが多いのですが、質問を繰り返し自分で考えるようにします。
また、コーチが把握している情報を提供することで、ゴールに近づけるように支援して行きます。
3ヶ月毎、成長度合いを確認し次の目標を設定し、さらにフォローします。これを繰り返すことで、確実に成長することができます。
この事例では、所属しているグループの全国幹部研修会で1位を取ることができました。
その実績もあり、コーチング終了後は取締役に任命されて、現在活躍中です。

採用アセスメント(採用試験) (各種業種・10~1000人)

相談内容

今までの採用試験では、筆記試験、適正試験、面接の3点セットで採用を決めるのが通常の方法でした。
しかし、この3点セットの方法では求職者の本当の資質は見抜けません。
つまり、求職者(特に学生は)就職活動と称して、表面的な就職のための知識・テクニックを学んで試験に挑んでいます。

弊社の対応

企業が求めている人材は、このような表面的なテクニックに頼って就職しようとする人間ではなく、真に企業・組織活動において力を発揮しうる能力を備えた人材です。
つまり、素直さ、積極性、行動力、気付き、協調・協働性、前向きな発想、リーダーシップ、独創力、忍耐力などの組織人として必要な人間力が必要なのです。
この提案したい「採用アセスメント」は、セミナー形式で進める採用試験です。
インストラクターが求職者に対して企業人として必要な行動・知識を教えるセミナー形式で、求職者の行動特性を引きだそうとする採用試験です。
真に企業が求める良い人材を採用することを狙いに、従来の3点セットでは発見できない求職者の特徴を発見します。

日数:1日、又は2日 対象人数:10人~30人